98インチのテニスラケット【インプレまとめ】

98インチのテニスラケット【インプレまとめ】インプレ評価

こんにちは、はぴとく(@hapi_toku)です。

好きなんです!

98インチのテニスラケット。

楽はできないけど、なんだかワクワクしてしまうんですよね〜😃

これまでほっとテニスでインプレしてきた「フェース面積が98平方インチ」の記事を、一覧形式でまとめました。

97インチも同類ってことで含めてます。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

まずは結論

特徴をサクッと。

真ん中サイズ「100インチ」のラケットと比べると、

98インチ以下のラケットは
  • 振り抜きやすい!
  • 球威が出る!
  • ちょっと重く感じる。
  • オフセンターが弱い

という傾向があります。

チャンスボールを速いスイングで打ち抜けたとき、ドッコーンとかスッパーンという感じですごく気持ちいい

使いこなせれば、ウィナーやチャンスメイクをしやすいラケットと言えます。

その反面、

十分なスイングスピードが出ないとフヌケたボールになり、相手のエジキに…

スイートエリアも100インチと比べると狭め。

守備はラクではないですね💧

フェースサイズが98インチ以下のラケットは、ストイックに技術を追求したい人に向いています。

フレーム厚が薄いラケットの場合は、手首やヒジへの負担が大きくなりやすいので要注意!

スペック表

これまでにインプレした、98インチラケットの「スペック表」です。

ピュアアエロVSピュアドライブVSブレード98 (18×20)V7ダンロップCX200ダンロップCX200LS
サイズ98inch98inch98inch98inch98inch
ウェイト305g300g305g305g290g
バランス315mm320mm320mm315mm325mm
フレーム厚21.0〜23.0mm21.0〜23.0mm21.0mm21.5mm21.5mm
パターン16×2016×1918×2016×1916×19
表1
ピュアストライク16/19プロスタッフ97Sプロスタッフ97LSVCORE PRO 97 (G)VCORE 98 (G)
サイズ98inch97inch97inch97inch98inch
ウェイト305g310g290g310g305g
バランス320mm325mm325mm310mm315mm
フレーム厚21-23-21mm19.5mm23mm20mm21〜22mm
パターン16×1918×1718×1616×1916×19
表2
ダンロップFX500 TOUR
サイズ98平方インチ
ウェイト305g
バランス315mm
フレーム厚21~23mm
パターン16×19
表3



ラケット一覧

これまでにインプレした「98インチのラケット一覧」です。



対決インプレ

98インチラケットを比較対決した記事の一覧です。

2本で比較すると、ラケットの特徴がより明らかに🌟



まとめ

普段100インチのラケットを使っていると、98インチはちょっとしんどく感じるかもしれません。

扱いは難しくなる反面「コントロールの精度は高くなる」とも思います。

それぞれのラケットには個性があり、ひとくくりに言えない部分は多いのですが、

「ざっくり98インチってこんな感じ」

という情報提供ができていれば嬉しいです。

それではまた〜!

その他のおすすめ記事:

インプレ記事を読む前に

ラケットやガットのインプレ/レビューは「個人的な感想や意見」で人それぞれです。

「誰がこのインプレ記事を書いているの?」というのは、重要な情報のひとつですね。

プロフィールも、記事を読むときの参考にしてくださいね!

インプレ評価
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ほっとテニス
タイトルとURLをコピーしました