【インプレ・評価】CX200LS ダンロップ CXシリーズ

ダンロップCX200LSインプレ評価
ダンロップCX200LS

今回は「ダンロップ CX200LS」のラケットインプレです。

ぼくがメインラケットとして使用していたCX200の軽量バージョンです。

CX200や他社メーカーの軽量ラケットと比べ、どのように感じたかをレポートします。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

インプレ記事を読む前に

ラケットやガットのインプレ/レビューは「個人的な感想や意見」で人それぞれです。

「誰がこのインプレ記事を書いているの?」というのは、重要な情報のひとつですね。

プロフィールも、記事を読むときの参考にしてくださいね!

【インプレ・評価】CX200LS ダンロップ CXシリーズ

まずは結論から、

インプレ
  • がっつり競技系な軽量ラケット
  • 軽量ラケットとは思えない、伸びのあるスライスが打てる

ダンロップ CX200LSは、一言でいうと「使い手を選ぶモデル」だと思います。

軽量ラケットの割には、扱いは簡単ではありませんでした。

その一方で「ハマればすごく良いショットを生み出せる」と感じました。

スペック比較

CX200LS CX200
サイズ 98平方インチ 98平方インチ
ウェイト 290g 305g
バランス 325mm 315mm
フレーム厚 21.5mm 21.5mm
パターン 16×19 16×19

ウェイトとバランスだけが違います。

フェース面積が小さめ、薄くて軽いラケットです。



ストローク

トップスピン・フラット

ダンロップCX200LSは「フレームの剛性があってしっかりしているな」という打感があります。

振り抜きはともていいのですが、スイング時はちょっと重く感じます。

しっかりと振っていかないとあまりボールが飛ばないです。

アニキ分の「CX200」のほうが重量がある分、ボールが飛んでくれます。

スライス

ダンロップCX200LSは、深くて伸びのあるスライスを簡単に打つことができます。

軽量ラケットでスライスを打つのは比較的むずかしいのですが、その常識をくつがえすくらいのポテンシャルを感じます。

攻撃的にスライスを使う場面では、かなりの武器になりますね。

ボレー

ダンロップCX200LSは、

  • 当てるだけでもボールがけっこう飛んでくれる
  • 取り回しはよいが少し重さを感じる

という特徴がありました。



まとめ

CX200LSが向いている方
  • ハードヒットしたときのコントロールや精度を上げたい
  • ある程度、腕力には自信がある

扱いやすい軽量ラケットというよりは、打球の質や技術を追求していっている方に向いています。その中でも「軽量なラケットのほうが好み」という方にベストマッチすると思います。

競技系アスリート用モデルという認識で間違いないですね。

それではまた!

CX200シリーズの関連記事はこちらから:

競技系の軽量ラケットの関連記事はこちらから:

軽量ラケットのまとめ記事はこちら:

その他のおすすめ記事:

インプレ評価
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ほっとテニス
タイトルとURLをコピーしました