バボラ アエロG 【インプレ・評価】Babolat AERO G

バボラ アエロG 【インプレ・評価】Babolat AERO Gインプレ評価

ピュアアエロシリーズのエントリーモデル「アエロG」のインプレです。

初中級者用として販売されているアエロG

どんな特徴のラケットか、実際に試打をして確かめてきました!

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

インプレ記事を読む前に

ラケットやガットのインプレ/レビューは「個人的な感想や意見」で人それぞれです。

「誰がこのインプレ記事を書いているの?」というのは、重要な情報のひとつですね。

プロフィールも、記事を読むときの参考にしてくださいね!

バボラ アエロG 【インプレ・評価】Babolat AERO G

まずは結論から、

BabolatアエロG
  • 軽くてとても使いやすい!
  • コントロールしやすい!
  • パワーと回転のアシストは少し

アエロGは、ピュアアエロ究極まで使いやすくした軽量ラケットと言えます。

競技者が求めるような相手を苦しめる球威や回転は出しづらいですね。

ピュアアエロっぽさはありますが、クセのある動きはないので、とても扱いやすかったです!

ではもう少し、詳しくみていきましょう。

スペック表

バボラアエロGピュアアエロ
サイズ102平方インチ100平方インチ
ウェイト270g300g
バランス320mm320mm
フレーム厚23.0〜26.0mm23.0〜26.0mm
パターン16×1916×19

重さは270gと軽量です。

特徴的なのはフェースサイズが102平方インチというところ。



アエロGのストロークは?

とても扱いやすいです。

振ればふった分だけ、素直にボールが飛んでくれます。

ラケットをしっかりとボールに当てにいきつつ、飛距離とコースをうまくコントロールできました。

102インチのフェースサイズが「ひかえめなパワーアシスト」をしてくれて、それがちょうどいい働きをしている感じです。

スピンのアシストも、少しあります。

スイングスピードを上げてそこそこハードヒットしても、ピュアアエロと同じような軌道で「くるくる〜ストン」とコートに収まってくれました。

ラケット自体の扱いやすさが「スピンのかけやすさ」にも、つながっています。

ただし「簡単にボールが持ち上がってくれる」とか「引っ掛けてスピンをかけるのが楽チン」といったことはありません・・・・・でした。

パワーと回転のアシストは、いわゆる黄金スペックの300gラケットと比べるとだいぶ控えめ

アシスト過剰ぎみのラケットは、逆に難しくなったり、技術のレベルアップのさまたげになったりすることがあります。

そういった意味でも、アエロGが初中級用として設計されていることがわかりますね。



アエロGのボレーは?

ストローク同様、ボレーでもとても扱いやすいです

んー正直、かなり使いやすい!!

軽いラケットの割にけっこう飛んでくれて、そこそこ球威も出る。

ピュアアエロ チームと比べて、タッチ系のショットだいぶやりやすかったですね。

102インチの恩恵をすごく感じます!

強いていえば、重いラケットと比較するとパワーが少しだけ劣りますが、270gのラケットとしては十分に満足できるレベルです😃

アエロGの注意点!

ここまで、扱いやすさのきわだつアエロGですが、注意点があります。

スピードのあるボールを受けたり、オフセンターでボールをヒットした場合、けっこうラケットが大きく振動します。

重いラケットだと「ラケットがスピードボールを受け止めてくれた」となるところで、アエロGだと「ラケットが持って行かれそう💦」という感じになります。

相手がイヤがるような「威力や回転量の多いボールを繰り出す」のも、ちょっとキビシイです。

「試合に出て勝ちに行きたい!」と考え始めたら、ピュアアエロライトや他のラケットにステップアップしていくのがGOODだと思います。



まとめ

とても使いやすいので、幅広い年齢層で初中級者用としてオススメできるラケットです。

もしぼくが女性に「テニスを始めてみたいけど、どのラケットがいいの?」と聞かれたら、「軽いラケットならアエロGけっこういいよ」と答えます😃

定価もお手頃だし、使いやすいし、仲間でワイワイ楽しむテニスにも最適な一本ですね。

パワーや回転など競技系の要素が欲しくなったときにも、アエロGを基準にしてより好みのラケットを比較検討できると思います🌟

それではまた〜!

「アエロG」の現在の価格はこちらから:

ピュアアエロシリーズの関連記事:

使いやすい!🌟軽量ラケット:

その他のオススメ記事:

インプレ評価
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ほっとテニス
タイトルとURLをコピーしました