プロスタッフ97S【インプレ・評価】ウイルソン Wilson

プロスタッフ97Sインプレ評価

先日の「プロスタッフ97LS」に引き続き、今日は「プロスタッフ97S」のインプレです。

現行バージョンの「プロスタッフ97S」は、ディミトロフ選手の使用ラケットとして2016年9月に発売が開始されました。

ディミトロフ選手といえば、2020全豪のウェアがめっちゃ目立ってますね😃

さて、本題に戻ります。。。

実はこのラケット、2年前に使い始めていたのですが、体の故障のためしばらく使用を控えていました。あんまり楽なラケットではないので💦

使用を再開して2ヶ月が経過したので、このタイミングでインプレ記事にしておくことにしました。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

インプレ記事を読む前に

ラケットやガットのインプレ/レビューは「個人的な感想や意見」で人それぞれです。

「誰がこのインプレ記事を書いているの?」というのは、重要な情報のひとつですね。

プロフィールも、記事を読むときの参考にしてくださいね!

プロスタッフ97S【インプレ・評価】ウイルソン Wilson

まずはさっそく結論から、

Wilsonプロスタッフ97Sの特徴
  • 振り抜きはすごく良いが、スイングスピードを上げるのには筋力が必要
  • 厚く当てても、薄くあてても、回転がよくかかる
  • 伸びのあるボレーが簡単に打てる

薄くてトップヘビーなので、ストロークやサーブではかなりクセのあるラケット挙動に感じます。

ボレーはちょっとだけラケットを動かせば「ギュイーン」と伸びるボレーが打てます。

初級者にはおすすめできないラケットで、上級者でも好き嫌いがはっきりと分かれるエクストリームな存在の「プロスタッフ97S」です。

スペック表

プロスタッフ97S
サイズ97平方インチ
ウェイト310g
バランス325mm
フレーム厚19.5mm
パターン18×17

バランスポイントが、前作バージョンより10mm手前になっています。

重量も考えると、またまだ全然トップヘビーですね。



プロスタッフ97Sのストロークは?

スライスの伸びがハンパないです。ボールにしっかりと回転がかかってくれます。

最近使ったラケットでは「CX200LS」もスライスが打ちやすかったのですが、プロスタッフ97Sはパワーも乗ってくれる感じで、伸びる・はずまない攻撃的なスライスを打ちやすいですね。

ショートクロスなど「引っ掛けて・持ち上げて・回転をかける」こともやりやすいです。

フラットやスピンは、しっかりと体全体を使ってスイングしないと威力のあるボールが打てません。手打ちぎみだと、フヌケたボールになってしまいます。

遅いスイングでも、基本に忠実なフォームで打てたときは、回転のかかったボールを深く返球することができます。

トップヘビーなのでインパクトに気をつかいますが、速いスイングでしっかり打てたときには、エゲツない回転のかかったスピードボールを打てます。調子のいいときはね…



プロスタッフ97Sのボレーは?

トップヘビーのラケットは「ボレーが難しい」というイメージがありましたが、プロスタッフ97Sは見事にその思い込みをくつがえしてくれました

速いボールを打ち込まれても、あてるだけでだいぶ飛んでくれます

重量は310gなので、それを重いと感じない人であれば、だいぶ使いやすいと思います。

タッチ系のショットも、コーントロールしやすく、回転もかかりやすいです。



まとめ

ダブルスのリターンで、ボディーにくるフラットサーブに苦しむときがありますが、プロスタッフ97Sだと「あてるだけで前衛アタックになっちゃった」みたいなことがあります。

「ラケット自体にパワーがあって、振り抜きもよく回転がよくかかる」プロスタッフ97S。

トップヘビーでクセもあるので上級者向きのラケットと言えますが「ハマる人にはかなりの武器になる可能性あり」というラケットです。

ちなみに、今回の「プロスタッフ97S」と先日の「プロスタッフ97LS」、名前は「L」だけの違いですがまったくの別物と考えておいたほうが無難です。

Wilsonプロスタッフの「Sラケ」
  • プロスタッフ97Sは、回転とパワーを追求したモンスターラケット
  • プロスタッフ97LSは、97Sからパワーを犠牲にしつつ、扱いやすさを追求したラケット

という感じです。

おまけ

Jaun Ignacio Londero vs Grigor Dimitrov | Australian Open 2020 R1
Australian Open TV のYouTube公式チャンネルより

ちょうど2020全豪の1回戦を勝ち上がったところですね!

ディミトロフ選手の自己最高ランキングはシングルス3位。

そろそろまたトップ10には入るんじゃないかと、密かに期待してます!

ちなみに、最初の画像の牛さんは、ディミトロフ選手のウェアをイメージしてみました。そんなん気づくわけない…😅

それではまた!

おすすめの関連記事:

インプレ評価
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ほっとテニス
タイトルとURLをコピーしました