プロスタッフ97L【インプレ評価】ウイルソン ProStaff 97L

プロスタッフ97L【インプレ評価】ウイルソン ProStaff 97Lインプレ評価

こんにちは、はぴとく(@hapi_toku)です。

お待たせしました!!

プロスタッフ最新版V13のインプレです。

シリーズ中ではやや軽量にあたる「プロスタッフ97L」をがっつり試打してきました。

黒コスメで見た目はシンプル。

でも驚くくらい、性能の良さがありました!

では、本題に入ります。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

まず結論から

まずは結論から、

最新プロスタッフ97Lの特徴
  • コントロール性能が抜群!
  • パワーが出しやすい!
  • 打感は硬めで、反発が強い。

フェース面積が97平方インチと小さめ。

そのメリットをすごく享受できるラケットです!

その反面、スイートエリアを外すと、それなりに…

技術不足をアシストしてくれる感じは、そんなにありません😅

技術に自信のある人に向くラケットですね。

それでは詳しく見ていきます。

スペック表

プロスタッフV13RF979797L97UL
サイズ97平方インチ97平方インチ97平方インチ97平方インチ
ウェイト340g315g290g270g
バランス305mm310mm325mm325mm
フレーム厚21.5mm21.5mm23mm23mm
パターン16×1916×1916×1916×19

「プロスタッフ97L」は、シリーズ中ではやや軽量

ラケットがしっかりしていて、打ち負ける感じはしないので、

300gくらい?という感覚になります。



ストロークは?

「プロスタッフ97L」はパワーが出る

しっかり振ってボールをとらえると、ボールがグーンと伸びて飛んでいきます。

回転もバッチリかかってくれます。

そしてイチバン驚いたのは、

そんな球威が出せるのに、コントロールがめっちゃしやすい

例えば、コーンを狙って打つと、ボールの着弾点群を囲む円が、小さくなる感じ。コースも飛距離も、調整がしやすかった!

ボールスピードを上げたり、回転をかける技術は必要ですが、

スピード・回転・コントロール

これらが高いレベルで調和が取れているラケットです!

振り抜きは最高!とはいかないですが、十分GOOD👍

逆に、ヘッドが走りすぎたりせず、調和をくずさずにスイングスピードを上げていける感覚がありました。

いや〜、さすがプロスタッフ!

一方で、

デメリットはスイートエリアが狭めなところ。

しっかりとラケットの中央でボールを捉えないと、いいボールは飛んでくれません。

オフセンターだと、手にけっこうガツンと来ます💧

守備的で苦しい態勢のとき、ラケットが助けてくれるというよりは、

自力でなんとかするぜ!という気持ちが必要そうです(笑)

プロスタッフ97Lは、フェース面積が小さいラケットの、典型的なメリット・デメリットを感じます。



ボレーは?

「プロスタッフ97L」は、ボレーのコントロール性能が非常にいい!

そして当てるだけでも、かなりボールは飛んでくれる

少しの動作で勢いのあるボレーを打てるし、

インパクトの前後で、不要なラケット動作が発生しづらい。

決めにいくボレーで、ミスが圧倒的に減りますね、これは!

最近ぼくは回転系のラケットを使っていて、ボレーの精度に苦労してますが、

「プロスタッフ97L」だと、正直びっくりするくらい、狙ったところにボレーを打てました😋

タッチ系のショットもやりやすかったし、イメージどおりに横回転をかけることができたので、

ぼくにとって「プロスタッフ97L」のボレーは、100点満点!文句なしです!



他のラケットと比べて

他のラケットと比べた感想をサクッと。

同シリーズ旧バージョンのSラケ「プロスタッフ97LS」。

回転量なら「97LS」が上。パワーとコントロールは「97L」が上ですね。

軽快さ・振り抜きの良さを求めるなら「ピュアストライク チーム」。

より競技系・フラット系を求めるなら「CX200LS」。

もうちょいトップヘビーがいいなら「FX500LS」。

まとめ

以前「プロスタッフ97LS」を使っていたとき、

「もうちょっとパワーがあればなー」と思っていました。

今回の「プロスタッフ97L」も、使う前までパワーはそれほど期待していませんでした。

でも実際インプレ用に試打をしてみると、

そのイメージをバッコーンと払拭してくれる結果になりました!

プロスタッフ97L V13 は、

パワーとコントロールを両立したうえで、回転もしっかりかかる、とても完成度の高いラケット

打感が硬めで、少し重さも感じるので、競技志向の人に向いているとは思いますが、

技術力を高めていきたい人にとっては、

「プロスタッフ97L」はよい選択肢のひとつであることは、間違いないですね。

それではまた〜!

インプレ記事を読む前に

ラケットやガットのインプレ/レビューは「個人的な感想や意見」で人それぞれです。

「誰がこのインプレ記事を書いているの?」というのは、重要な情報のひとつですね。

プロフィールも、記事を読むときの参考にしてくださいね!

関連記事:

インプレ評価
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ほっとテニス
タイトルとURLをコピーしました