Wilsonプロスタッフ・シリーズ【インプレまとめ】PS97/L/S/LS

Wilson プロスタッフ・シリーズ【インプレまとめ】旧バージョンインプレ評価

こんにちは、はぴとく(@hapi_toku)です。

テニス界を代表し象徴するかのような存在の、フェデラー選手シグネチャー・シリーズ「Wilson プロスタッフ」。

2020年9月28日に新バージョンV13.0が発売開始されましたね!

これまで「ほっとテニス」で扱った「プロスタッフ・シリーズ」のラケットインプレを一覧にしました。

「あのラケットの記事を見たいんだけど、どこにあるの?…」

そんな声にお答えし、シリーズごとの一覧を作ったりして、見やすいブログになるように、ちょっとずつ改善中です。

ではでは本題に入ります。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

【インプレまとめ】プロスタッフ・シリーズ

プロスタッフ・シリーズは、過去数多くのバージョンやカラーリングが発売されてきました。

そのうち、ぼくが実用的に試合で使ったり、インプレ用に試打したのは次の4種類!

それぞれのインプレ記事

この4つのラケットは、使い勝手が全然ちがいます。

フェデラー選手が使用していると言われる「プロスタッフRF97オートグラフ」は、ぼくには重すぎるので、インプレはしてません。

シリーズのラインとして見ると、機能の差がかなりある過去バージョンでしたね😅



インプレ一覧

プロスタッフ97(2015年)

単独インプレはないのですが、じっくり比較したもがこちら:

「パワーがあって使いやすい。しかし上級者向き」です😅

プロスタッフ97S(V11)

ディミトロフ選手のシグネチャーモデル。

回転とパワーを追求した、シビアな薄ラケ。

比較コメント:

ピュアアエロより、振り抜いて回転をかける感覚ですね。

関連記事:

プロスタッフ97LS(V11)

とても扱いやすい回転系のラケットです。

比較対決・関連記事:

プロスタッフ97L(V13)

最新版のV13の、やや軽量バージョンです。

初代のデザインに使われていた、赤と黄色の2本線が特徴です。

関連記事:



まとめ

フェデラー選手のプレーを見ていると、どうしても使いたくなってしまう。

斬新かつシンプルなデザインで、さらに心を引きつけられる。

そんな魅力的なプロスタッフ・シリーズ。

ぼくの場合は、

プロスフタッフを使っている試合相手に負けると「あぁ〜、自分もプロスタッフにしておけば…」

とか考えてしまいます😋

プロスタッフでウィナーが取れると、なぜかめっちゃテンションあがります!

ではでは、このへんで。

それではまた〜!

おまけ

ぼくがそれぞれのプロスタッフによく張っていたのが、ルキシロン アルパワー125

もし打感が硬すぎると思う方には、ルキシロン アルパワーソフト

がオススメです。

インプレ記事を読む前に

ラケットやガットのインプレ/レビューは「個人的な感想や意見」で人それぞれです。

「誰がこのインプレ記事を書いているの?」というのは、重要な情報のひとつですね。

プロフィールも、記事を読むときの参考にしてくださいね!

インプレ評価
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ほっとテニス
タイトルとURLをコピーしました