ピュアアエロVS 2020 vs. プロスタッフ97 2015【インプレ比較】

ピュアアエロVS 2020 vs. プロスタッフ97 2015【インプレ比較】インプレ評価

こんにちは、はぴとく(@hapi_toku)です。

ピュアアエロVS」を購入して1ヶ月が経過。

ある思いが、ふつふつと湧いてきました。

あれ、これって、もしかして…

チャンスボールをしっかり打ち込めたとき、腕に残るの充実した感覚。

あのラケットに似てるところがある?

  • まあまあガツンと来る打感。
  • その打感のなかで、しっかりパワーが伝わったことが分かる。
  • 硬めだけど、不要な雑振動や、大きな衝撃は排除されてる。

ぼくがそんなふうに思う2つのラケット、

ピュアアエロVS」と「プロスタッフ97」の比較インプレです。

「ピュアアエロVS」は2020年モデル、「プロスタッフ97」は少々古い2015年モデルです。同じガットを張って、比較しました〜😃

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

まずは結論

いつものように結論から。

ピュアアエロVS vs. プロスタッフ97
  • 扱いがラクなのは「ピュアアエロVS
  • パワーが出るのは「プロスタッフ97」
  • 「プロスタッフ97」のほうが、より高い技術レベルが要求される。

「プロスタッフ97」のほうが、筋力・体力・技術力が必要

比較すると「プロスタッフ97」はより上級者向きですね。

数年前に「プロスタッフ97」をメインラケットして使用していました。

なので比較する前は「ラケットの難易度は同じくらいかな?」と、かるーく考えていましたが、けっこう違いましたね💦

交互に打ち比べると、やっぱり特徴がキワだちます。

それでは、すこし詳しく見ていきましょう。

スペック表

ピュアアエロVSプロスタッフ97
サイズ98平方インチ97平方インチ
ウェイト305g315g
バランス315mm310mm
フレーム厚21.0〜23.0mm21.5mm
パターン16×2016×19

「プロスタッフ97」は315gと重いのですが、操作性がいいのでこの数値を忘れがちです。

写真を見ると「プロスタッフ97」はボックス形状、「ピュアアエロVS」は独自形状(ひし形っぽい?)ですね。



ストロークは?

プロスタッフ97」はクセがなくて素直

やはりフラットビームは、スムースに振りやすいです。

ボールコントロールもしやすい。

そして打球には、かなり威力がでます。

技術は必要ですが、スピンもきっちりかかりますね。

技術・体力に自信がある人なら、メリットかなりあります!

しかし、

メリットが大きいと、やはりデメリットも。

ラケットを重く感じなくても、けっこう筋力を消費してます。

消耗して振りが悪くなると、回転がかからず「ぶっ飛びアウト」が多発…

「プロスタッフ97」は使いやすいけど、315gあるラケット。

試合のための練習や筋トレを、日頃からしっかりやり込んでいる人向きですね。

次に「ピュアアエロVS」に持ちかえると…

おおっ、軽くて振り抜きがいい

「プロスタッフ97」ではタイミングが遅れてしまうような場面でも、「ピュアアエロVS」だと素早く対応できました。

回転が自然とかかってれるので、さっきよりラクです😊

体勢がくずれても返球しやすいのは「ピュアアエロVS」のほうでした。

チャンスボールの打ち込みも、ミスの確率が減る感じ。

何度もラケットを持ちかえて試打しましたが、後半になればなるほど、そういう傾向がありました😃

回転のアシストは「ピュアアエロVS」が上。

パワーアシストは「プロスタッフ97」が上。

打感がやわらかいのは「プロスタッフ97」。

体への負担が少ないのは「ピュアアエロVS」です。



ボレーは?

ボレーの難易度は「プロスタッフ97」と「ピュアアエロVS」どちらも同じくらい。

使いやすさは、まあまあ/そこそこ

どちらもパワーを乗せやすい。

違いをあげると、

  • タッチ系のショットがやりやいのは「プロスタッフ97」。
  • 素早い動作がしやすいのは「ピュアアエロVS」。

といったところ。

「プロスタッフ97は軽い!」と感じる人は、ボレーがすごくやりやすいラケットだと思いますよ〜



まとめ

ピュアアエロVS (2020)」と「プロスタッフ97 (2015)」。

単独で使うと、ぼくの場合どちらも310gくらいに感じる2つのラケット。

それらを打ち比べてみたら、スペック重量の「305g」と「315g」という差が、如実に出た結果となりました。

こうなると「ピュアアエロVS」を「プロスタッフ97LS」とも比較したくなってきます😊

今回「受け手」をしてくれた友人からは、

  • MAXの回転量や球威は、同じくらい。
  • 軌道の違いをイチバン感じた。(アエロ高い/プロスタ低い)
  • こちらから攻めづらいのはピュアアエロVSのほうだった。

というコメントをもらいました。

スピンボールを深く安定して打つことは、やはり大きな武器になりますね!😊

それではまた〜!

ピュアアエロVSのインプレ記事:

オススメの関連記事:

インプレ記事を読む前に

ラケットやガットのインプレ/レビューは「個人的な感想や意見」で人それぞれです。

「誰がこのインプレ記事を書いているの?」というのは、重要な情報のひとつですね。

プロフィールも、記事を読むときの参考にしてくださいね!

インプレ評価
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ほっとテニス
タイトルとURLをコピーしました