ブレード98(18×20) V7.0 vs. ピュアアエロVS【インプレ比較】

ブレード98(18×20) V7.0 vs. ピュアアエロVS【インプレ比較】インプレ評価

こんにちは、はぴとく(@hapi_toku)です。

今日はこの2つのラケットの比較をします!

Wilsonブレード98(18×20) V7.0」と「BabolatピュアアエロVS 2020

このブログ内でもアクセスが多く、注目度の高い2つのラケット。

その違いを、分かりやすく説明します!

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

まずは結論

いつものように結論から。

ブレード98(18×20) vs. ピュアアエロVS
  • 両者とも回転がよくかかる!
  • 使いやすさバツグンの「ブレード98」
  • パワーを乗せやすい「ピュアアエロVS」

どちらのラケットも、スイングスピードが速いほど、その性能が発揮されやすい。

筋力や体力に自信がある人のほうが、使いやすいと感じると思います。

では、詳しく違いを見ていきましょう。

同じガットを同じテンションで張って、比較しました〜😃

スペック表

ブレード98(18×20) V7.0ピュアアエロVS
サイズ98平方インチ98平方インチ
ウェイト305g305g
バランス320mm315mm
フレーム厚21.0mm21.0〜23.0mm
パターン18×2016×20

ブレード98(18×20) V7.0」は少しトップヘビーな感じ。

ピュアアエロVS」はミディアムバランス。

クロスストリング(横糸)の数は、どちらも20本ですね。



ストロークは?

ブレード98(18×20)」は、とにかく振り抜きやすい

軽快に操作できて、スイングスピードを容易に上げられます。

そしてスイングスピードが上がればあがるほど、回転がかかるように感じます。

ピュアアエロVS」も振り抜きはいい。けれどブレードに比べてしまうと、スイングスピードは出しにくい。

ただし同じスイングスピードであれば、「ピュアアエロVS」のほうが球威はすごい

回転量は同じくらいな気がしますが、バウンド後の伸びが、ピュアアエロVSのほうが上!

ブレードのほうが、よりスピーディーな展開に持ち込みたくなります。

ピュアアエロVSのほうは、バウンド後の伸びが、相手の予測を上回るときが多いです。

打感がやわらかいのは「ブレード98」。

オフセンターで面ブレが少ないのは「ピュアアエロVS」です。

球離れが早いのは「ピュアアエロVS」ですね。

速いボールで差し込まれても、しのぎやすいのはブレード

操作性のよさとラケットのしなりで、インパクトのタイミングが少々遅れても、振り抜いてしまえばグリッと回転がかかります。



ボレーは?

ブレード98(18×20)」の操作性はかなりいい

ボールの勢いをなくすのが容易で、ドロップショットが打ちやすい。

クセがなく、コントロールの精度がアップします。

ピュアアエロVS」は、ボールにパワーを乗せやすい

取り回しのよさは、まあまあ/そこそこ。

決め球などは自然にスピードが出る感じ。

飛びが良いぶん、ピュアアエロVSのほうが決定力があります



まとめ

Wilsonブレード98(18×20) V7.0」と「BabolatピュアアエロVS

「フレームは薄めで305g。ざっくり言えば同じ範疇」の両者。

2つのラケットにしぼって比較することで、その特徴がより鮮明になったと思います。

両者ともスイングスピードが上がらないと、性能のよさが出づらいラケットですが、

ブレード98(18×20)V7.0/ピュアアエロVS

バシバシと叩いていきたい。そしてそこに回転がほしい

という方にとって、よい選択肢であることは間違いないですね😃

それではまた〜!

さらに詳しいインプレはこちら:

関連記事:

インプレ記事を読む前に

ラケットやガットのインプレ/レビューは「個人的な感想や意見」で人それぞれです。

「誰がこのインプレ記事を書いているの?」というのは、重要な情報のひとつですね。

プロフィールも、記事を読むときの参考にしてくださいね!

インプレ評価
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ほっとテニス
タイトルとURLをコピーしました