ピュアアエロ【インプレ・評価】バボラ Babolat

ピュアアエロ【インプレ・評価】バボラ Babolatインプレ評価

回転系ラケットの王者、バボラ「ピュアアエロ」の試打をしてきました。

最新版の2019年モデルになって「柔らかくなって、使いやすくなった!」との評判を聞いていたので、ずっと気になってました。

試打できる機会がや〜っと訪れました。いつもより少し長めのインプレ記事です!

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

ピュアアエロ【インプレ・評価】バボラ Babolat

いつものように結論から、

Babolatピュアアエロ
  • 試合で武器になる要素がたっぷり!
  • 2種類の回転アシスト!?がある
  • 打ち負けしない安心感がすごい!

他に類をみない「個性の際立つラケット」ですね。

スイングをしている途中で「ピュアアエロに最適なスイング軌道や、ラケットワークに自動修正される」不思議な感覚があります。

空気抵抗というか、流動力学を利用すると「ここまでラケット制御できるんだ!」というのに純粋に驚きです。

以前のピュアアエロは「ちょっと使いづらくて、ぼくは無理かなー」と感じることがありましたが、最新版では「これなら行けそう!」と思えました。

打感が柔らかくなったことが、使いやすさにも貢献しているんですね。

そうは言っても「扱いやすい部類のラケットではない」ので、ピュアアエロの好き嫌いははっきりと別れると思います。

それでは、もう少し詳しく見ていきますね。

スペック表

ラケット名ピュアアエロ
サイズ100平方インチ
ウェイト300g
バランス320mm
フレーム厚23.0〜26.0mm
パターン16×19

いわゆる黄金スペックのラケットとしては、扱いは難しいです。

305gくらいのラケットに感じます。



ピュアアエロのストロークは?

最初に言ったとおり「2種類の回転アシスト」について、「フラットに打った場合」と「トップスピンを打ちにいった場合」に分けて説明しますね。

物理の本質としては1種類かもしれませんが、ボールの軌道が全然かわるので2つに分けました。

フラットに打った場合

厚く当ててフラットぎみに打ったボールは、あまり回転がない状態で飛んで行き、途中から回転し始めて「クルクル〜ストン」という感じで、コートに収まります。

威力のあるボールにも打ち負けずに、厚くあてて深く返球しやすいです。

低くて滑ってくるスライスを返球するとき、フラット気味にあてても、しっかりと持ち上がってネットを超えて「クルクル〜ストン」となります。

振り抜き感は独特・・で、腕力がないとスピードを上げづらい感じです。

スイング中のラケット挙動がユニークですが、インパクトでは面の方向を感じやすく、面がブレることも少なく安定したショットを継続しやすいです。

トップスピンを打ちに行った場合

薄くあてても厚くあててグリっと持ち上げてもボールがガットにしっかりとひっかかってくれます

ガットが大きくスナップバックするのを感じます。

かなりガットが動く感じがするのに、回転というか距離のコントロールは、非常にやりやすかったです。

回転のアシスト量は「さすがピュアアエロ!」という感じ!かなりあります

スライスはどんな感じ?

回転系のラケットの割に、スライスが難しいと感じるかもしれません。

伸びのあるスライスは打ちづらかったです。

一方で、がっつり「切って打つ」感じで横回転をかけると、浅くて弾まないスライスが打てました。

こういうところも、他のラケットとは一線を画しているので、「試合では武器になりそう」と思いました!



他のラケットと比べると?

ダンロップ SX300

  • ピュアアエロは、回転量を変化させて、多彩なショットを繰り出しやすい。
  • ダンロップSX300は、安定して一定のスピン量出せるので、ボールコントロールしやすい。

Wilsonプロスタッフ97S

  • ピュアアエロは、丁寧なスイングでしっかりインパクトできれば、攻撃的なボールがくり出せる。
  • プロスタッフ97Sは、振り抜いてスピンをかけるのに向いている。

ピュアアエロのボレーは?

取り回しは、あまり良いとは言えません。

素早い動作には少し遅れがでましたが、しっかりとラケット面を準備して、押し出すようにコンパクトに打つと威力のあるハイボレーが簡単に打てました。

あとは、ストロークのスライス同様に、カットして打つと「ギンギン」 に回転がかかるので、ドロップボレーが打ちやすかったです。

中途半端な体勢でボールを捉えたり、当てるだけみたいになったりすると、ボールが浮きがちになってしまいます。



まとめ

どんなショットを打っても、面がブレる感じがほとんどないので、すごく安心感があります。

「足で地面を踏ん張って、軸もブレずに、全身をつかってインパクトできた!」というときには、かなり球威のあるボールが飛んでいきます。

逆に「力のない手打ち」とか「当てるだけ」になると、ぽよよ〜んと浮いてしまう感じになります。

まとめ
  • 悪いフォームだと、
    • それなりのボールに。
  • 良いフォームだと、
    • ものスゴい・・・・・アシスト感!

ピュアアエロを使っていると、スイングも自動的に最適化され、修正されていく感覚があります。少し強制的に感じるくらい…

「良いフォームだと最大のアシスト感」それに「スイング軌道もラケットに最適化されていく」… もうラケット自体がコーチかもしれませんね。

ピュアアエロの使用感は独特です。くっきりと好き嫌いが別れると思います。

それではまた!

「ピュアアエロ」現在の価格は?

おすすめの関連記事:

インプレ記事を読む前に

ラケットやガットのインプレ/レビューは「個人的な感想や意見」で人それぞれです。

「誰がこのインプレ記事を書いているの?」というのは、重要な情報のひとつですね。

プロフィールも、記事を読むときの参考にしてくださいね!

インプレ評価
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ほっとテニス
タイトルとURLをコピーしました