SX300/SX300TOUR/SX300LS【インプレまとめ】ダンロップ 新SXシリーズ

SX300/SX300TOUR/SX300LS【インプレまとめ】インプレ評価
SX300/SX300TOUR/SX300LS

これまで3回に渡り「ダンロップ新SXシリーズ」のインプレ評価を行ってきました。

12月11日の発売開始を機に、3つのラケットのインプレをまとめました。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

SX300/SX300TOUR/SX300LS 【インプレまとめ】

これまでインプレ評価を行ったのは、次の3機種です。

それぞれのインプレ評価記事
  • SX300(シリーズの中心的存在)
  • SX300 TOUR(競技系最上位モデル)
  • SX300 LS(軽量アスリートモデル)

ダンロップSXシリーズには、これらに加えて「SX300 LITE」「SX600」の2機種がラインアップされています。

  • 「SX300 LITE」最軽量バージョン。ジュニア用で低価格
  • 「SX600」最軽量&大きめフェース。ベテランプレイヤーに好まれそう

ダンロップSXシリーズの特徴

SX300」「SX300 TOUR」「SX300 LS」の3機種の試打を行い、共通して感じた特徴は次のとおりです。

SXシリーズの特徴
  • とても打ちやすく、球質が安定する
  • 打感がマイルド
  • 安定して一定量のスピンがかかる
  • ラケットウェイトに比例したパワーアシストがある
  • 振り抜きの良さはふつう

他社メーカーのラケットでは「同シリーズ内でも重量が変わると、特徴や性能にバラツキを感じる」ことがあります。

ダンロップSXシリーズの3機種では、まったくそういうことはありませんでした。

パワーと回転を高い性能レベルでバランスさせる」というシリーズの設計意図が、それぞれのラケットにしっかり反映されていると感じます。

購入するときには「自分に合う重さのラケットを選択すればOK。ハズレ無し」という安心感があります。



スペック表

全5機種のスペック表です。

SX300 TOURSX300SX300LSSX300 LITESX600
サイズ100inch100inch100inch100inch105inch
ウェイト310g300g285g270g270g
バランス315mm320mm325mm330mm335mm
フレーム23~26mm23~26mm23~26mm23~26mm23~26.5mm
パターン16×1916×1916×1916×1916×19

メーカーの公式サイトより

ダンロップ SXシリーズの、プレスリリースへのリンクです。

  • テクノロジーの説明などが網羅されてます
  • SXシリーズは「溝ありタイプ」のモデルですね

ダンロップ テニスラケット製品情報ページへのリンクです。

  • 製品紹介ページの動画が、インターナショナルでいい感じ
  • 動画だと、オフセンターショットへの技術対応の良さが分りやすい
DUNLOP テニスラケット 「SX」シリーズ ーテクノロジー編ー
ダンロップの公式YouTubeチャンネルより

試打でたくさん打ったあとに、この動画を見たので「あー、なるほど!だから打ちやすく感じるし、安定してボールを飛ばすことができるんだ!」と納得しました。



まとめ

DUNLOP powered by SRIXON となってから「ボックス系のCX」「溝ありタイプのSX」と2つのシリーズが発売されてきました。

扱いやすさ・打感・振動吸収性・パワーや回転の性能など、ラケット製造技術の素晴らしさが伝わってくる「ダンロップSXシリーズ」ですね。

こうなるとますますラケット好きが加速してしまいそうです。

それではまた!

関連記事はこちらから:



おすすめの関連記事:

インプレ評価
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ほっとテニス
タイトルとURLをコピーしました