SX300 TOUR ダンロップ 新SXシリーズ【インプレ・評価】

SX300 TOURインプレ評価
SX300 TOUR

ダンロップ新SXシリーズの最上位モデル「SX300 TOUR」の試打をしてきました!

新SXシリーズのインプレは「SX300」と「SX300LS」に続き、今回で3機種目です。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

インプレ記事を読む前に

ラケットやガットのインプレ/レビューは「個人的な感想や意見」で人それぞれです。

「誰がこのインプレ記事を書いているの?」というのは、重要な情報のひとつですね。

プロフィールも、記事を読むときの参考にしてくださいね!

SX300 TOUR ダンロップ 新SXシリーズ【インプレ・評価】

まずは結論から。

重さがあるラケットなので、もちろんしっかり振れれば球威が出ます

それにプラスし、

SX300 TOUR のすごいところ!
  • チャンスボールをハードヒットするとき、難なくコートに収まってくれる(攻撃)
  • 走らされて体勢がくずれていても、しっかりと深くスピンボールを返せる(守備)

この2点で非常に扱いやすいラケットでした。

「シングルスで、ベースラインからの打ち合いをとことんやりたい方」にオススメしたいラケットです。



スペック比較

SX300 TOURCX200 TOUR
サイズ100平方インチ95平方インチ
ウェイト310g310g
バランス315mm310mm
フレーム厚23~26mm20.5mm
パターン16×1916×19

SXシリーズとCXシリーズの「TOUR」モデルを比較してみます。

どちらのラケットも腕力に自信がないと、なかなか使いこなせないウェイトですね。

ウェイトは同じですが、フェースサイズとフレーム厚が大きく違います。

この違いが、インプレ評価の違いにも素直に出てきました。

SX300 TOUR の飛びは?

とても良く飛びます。

パワーアシストがあり、低速・中速のスイングでもよく飛んでくれます。

今回「CX200 TOUR」と打ち比べながら試打をしました。パワーアシストという点では「SX300 TOUR」 のほうが断然あります。

パワーアシストのおかげで「SX300 TOURは、重さの割にストロークがやりやすい」と感じるラケットでした。



SX300 TOUR の振り抜きは?

扱いやすさはあるものの、振り抜きの良さは普通です。

これは「SX300」と同じなのですが、ぼくはあまりスイングスピードを上げることができませんでした。

比較対象の「CX200 TOUR」は振り抜きがとても良く、スイングスピードを上げやすいラケットでした。

ストロークに関しては、

  • 中速・低速のスイングでもしっかりストロークできる「SX300 TOUR
  • スイングスピードを上げれないと球威がでない「CX200 TOUR

という感じでした。

SX300 TOUR のとり回しは?

ボレーでのラケット操作性は、300gの「SX300」より少し落ちるかなと感じました。

非常にボレーのやりやすい SX300LS」 > 「SX300」 > 「SX300 TOUR」と操作性は下がるので「やっぱり重量の分は、仕方ないかな」と思うところです。

また「SX300 TOUR」より「CX200 TOUR」のほうが、ボレーは少しやりやすかったです。



まとめ

重さ310gのラケットですが、

筋力が落ちてきた後半でも「重さがだんだんと負担になる」というよりは「重さを使ってボールを深く返球できる」感覚がありました。

「CX200 TOUR」だとスライスで凌(しの)ぐところを、「SX300 TOUR」だとまだスピンでニュートラルなストロークに巻き返せる、というプレーの違いも生まれそうでした。

想像していたより「しんどい」感じは少なくて、「押し込まれたときに、しっかり返球するのを助けてくれる!」と思いました。

腕力や高い技術があり、SX300 TOURを使っても「スイングスピーを上げること」「ボレーで素早い動作をすること」を苦にしない方は、そうとう威力のあるスピンボールを手に入れることができると思います。

それではまた!

ダンロップSXシリーズの関連記事はこちら:

その他のおすすめ記事:

インプレ評価
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ほっとテニス
タイトルとURLをコピーしました