ダンロップ CX200【インプレ・評価】レビューと感想

Dunlop CX200インプレ評価
Dunlop CX200

ダンロップ CX200のインプレ・評価です。

2018年12月の発売開始直後に購入し、8ヶ月以上メインラケットとして使用してきました。

CXシリーズは、中身の機能的部分は日本で開発され、デザインはイギリスで行われたそうです。

CXシリーズのド真ん中的存在のCX200を、実際に使用してきた感想をお伝えします。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

インプレ記事を読む前に

ラケットやガットのインプレ/レビューは「個人的な感想や意見」で人それぞれです。

「誰がこのインプレ記事を書いているの?」というのは、重要な情報のひとつですね。

プロフィールも、記事を読むときの参考にしてくださいね!

ストローク・サーブ

振り抜きがいい

ダンロップ CX200は、フレーム厚の薄いラケットで振り抜きが良いです。

ヘッドが先走ってしまうようなことはなく、スイングスピードを調整しやすいです。

多彩なショットを打ちやすい
  • ハードヒットしたいときに、スイングスピードを上げやすい
  • 運んで飛ばしたいときに、しっかりとボールをコントロールできる

パワーと回転のアシストがある

ダンロップ CX200は薄いラケットの割に、ボールが伸びて飛んでいきます。

ラケット面の上のほうでインパクトすると、回転もよくかかります



ボレー

ダンロップ CX200は、ボレーがとてもやりやすいです。

ボールに合わせてラケット面を準備するのが、とても素早くできます。

タッチ系のショットもやりやすく、ボールに横回転を与える難易度が下がります。

当てるだけのボレーだと、あまり飛ばないです。球威を出すには少し体重を乗せてあげる必要があります。

ボールの質が、インパクト位置で変わる

例えばストロークで、フラットドライブ系のボールを打ちたいときに、ボールの飛び出し角が思ったより上方向になってしまうときがあります。

自分が思っているよりラケット面の「先のほう」でボールを捉えてしまったとき、そういうことが起きます。

ダンロップ CX200のストリングパターンは独特で「中心部分は目が細かく、ラケット先端部分は目が粗い」というのが影響しているかもしれません。



感想まとめ

ライジングぎみに早いタイミングでボールを捉えて、相手の時間を奪いながら、伸びのあるコントロールしたボールを返球する、という使い方がダンロップ CX200には似合います。

大きく振っていくと、回転や飛び出し角度が、ちょっとイメージとずれることがあります。

ラケット面のどの位置でボールを捉えるかを正確にできる人は、ぼくのような問題はないかもしれませんね。

ダンロップ CX200で、だいぶ格上の相手に試合で勝てた経験があるので、個人的にはお気に入りの1本です!

おわりに

11月にダンロップ CX200の新色バージョンが登場しました!

来年の東京オリンピックでは、このラケットを使っている選手の活躍が期待できますね!

それではまた。

ダンロップCXシリーズのインプレはこちらから:

今年12月発売予定の「SX300シリーズ」のインプレはこちらから:

おすすめの関連記事はこちら:

インプレ評価
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ほっとテニス
タイトルとURLをコピーしました