どの会社の株を買えばいいの?初めての株【投資の話#2】

どの会社の株式を買うのがいいか?初めての株【投資の話#2】投資運用

前回の【投資の話#1】では、資金管理の基礎のきそを紹介しました。

今回は「じゃあ初めて株を買うとき、どの銘柄を選べばいいの?」という話をします。

なんだかんだで15年、結局のところ、株式はこの方法で必ず選ぶようにしています。

文末に「ぼくが実際に最初に買った株」とその成績も載せていますので、ぜひご覧ください!

どの会社の株を買えばいい?初めての株【投資の話#2】

では、いつものように結論から、

どの銘柄がいい?

あなたの「大好きな会社」の株を買いましょう!

例えば、

  • いつもリピート購入している。
  • このブランドが好き!
  • お気に入り商品やサービスがある。
  • いつか買いたいあこがれの商品!

それらを提供しているような会社です。

多少の悪評があっても、株価が下がったとしても「ずっと応援してあげる気持ちになる会社」を選びましょう。

ちなみに、ぼくが最初に買った株は「スターバックス」でした😃

メリット

あなたがその会社や商品のファンになっているということは「他にもたくさんの人が同じ気持ちでいる」ということです。

そういう会社は、今後も発展していく可能性がありますし、倒産も起きにくいでしょう。

また、もし株価が下落して低迷しても、その会社を応援している人にとっては、それは買いのチャンスでもあります。

長期保有を前提にすると、受け取るメリットが最大化されます!

長期保有すれば、それだけ「買い増し」のチャンスが増えます。

「買い増し」は最終的な利益を何倍にもします

配当や株主優待も、長期間受け取ることができますね。

大好きな会社の株式を持っていると、具体的にはこんな感じです:

スターバックスが大好きで、今後も応援していく気持ちで株を買いました。

応援している会社から、半年に一度、配当金と株主優待(無料ドリンク券)がもらえます。

配当金でお気に入りのカフェラテを飲んだり、無料券で豪華フレーバーMAXのフラペチーノを楽しんだりできます。

数年後、やむを得ず株を手放すことになりましたが、元の○倍の金額が戻ってきました。

株を購入した人は、このようなメリットを教授できます。

会社のほうは株を上場して売ることで資金を得て、今後の発展を目指せます。

うまくいけば、すばらしい「Win-Win」の関係になるわけですね。

デメリット

好きな商品を扱っている会社が、株式を上場していないこともよくあります

そうなると、あきらめるしかないですね💦

あとは、

  • 自分だけがマニアックに好き。
  • かなりニッチなマーケットの会社。

だったりすると、リスクがかなりあがってしまいます。

最初に買う株であれば広く知られている会社のほうが無難ですね。

どの株式でも「価値がまったく無くなる」可能性がゼロではありません。

そういうとき【投資の話#1】による資金管理が、大切な資金への被害を限定してくれます。

著名人の言葉

「大好きな会社の株を買う」につながる、著名な投資家の考え方も紹介しておきます。

自分の理解できる会社にだけ、投資をする。

ー ウォーレン・バフェット氏

その年、もっともパフォーマンスの高い投資成績をおさめたのは、ウォール街のエリートたちではなく、ある小学校で行われた子どもたちによるプロジェクトだった。

子どもたちは、まだ大人がほとんど知らない「NIKE」というスポーツウェア会社の株を購入していたのだ。

ー ピーター・リンチ氏

これらの言葉は、投資を長くやればやるほど強く心にグサッとささります。

どちらも「リスクを最小化し利益を最大化する」ことにつながる教えですね。

まとめ

「株価が下がったときにも、感情的にならずに買い増しできるか?」

これがひとつの基準です。ぜひ覚えておいてくださいね😃

最後に、ぼくが初めて買った株の成績表をのせておきます。

それではまた〜

スターバックス・コーヒー・ジャパン(2712)

2007年8月購入¥54,200
配当合計¥11,905
2014年9月売却¥145,801

※諸経費・税金など全部コミコミ

倍率は( 145801 + 11905 )/ 54200 = 2.91 となります。

ざっくり言うと「5万円投入して、7年で合計15万もらったので、3倍になった」という感じです。

本当はずっとスタバ株を持っていたかったのですが、上場を廃止してしまったので、そのタイミングで売ることになりました。

株を手放すとき、購入当初にはまったく想像していない理由のことが多いです😅

※投資はいつでも自己責任。じっくり焦らずやりましょう。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました