【簡単DIY】クーラーボックスの見た目を男前にアレンジ

Cooler Box Style ArrangeリメイクDIY
Cooler Box Style Arrange

もう金具も壊れてしまい使われていないクーラーボックスを、友人からもらいました。

原状では、はげかかったシールや変色したプラスチックが古臭く見えてしまい、劣化感をかもしだしています。そこでアイディアをひねり出しました。

「ちょっと見た目を変えることで、男前&レトロな雰囲気にしてしまおう」

塗装までやるのはペンキ代もかかるし大変そうなので、「リメイクシートとマスキングテープで何とかしちゃう」ことにしました。

プロローグのご紹介:

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

材料費 130円くらい

  • クーラーボックス(もらったので0円)
  • ダイソーのリメイクシート木柄(108円)
  • セリアのマスキングテープ黒(2メートルで20円分くらい)

塗装すると1000円くらいかかってしまうかなーと考えていましたが、リメイクシートとマスキングテープで済んだので、こんなに安くあがりました。

制作時間 120分くらい

  • 古いシールは、ドライヤーで温めながら剥がすと、きれいに取れました。
  • リメイクシートを 10cm × 5cm に切って、貼り付けていきました。
    • そのまま貼り付けると、少しシワがよりそうだったので
    • また、見た目もレンガ組みのようになって、より好みGOOD!
  • マスキングテープを隙間ができないように、白いところに張っていきました。

試行錯誤しながら貼る作業をしていたので、思ったより時間がかかりましたね。

まとめ

  • 元々ベースの色が深いグリーンなので、白い部分を黒くすることで、男前の雰囲気になりました。
  • プラスチックだけだと無機質ですが、リメイクシートの木柄が入って、やわらかいトロな雰囲気になりました。

実は、リメイクシートとマスキングテープも、家に余ってたものです。最後まで使いみちがあると、ちょっと嬉しくなります。

捨てられる運命だったクーラーボックスが、車載用の冷蔵庫として復活できたので大満足です。これで環境保全にも、少しだけ貢献できたかな?

ちなみに、大きいクーラーボックスなので、小さい発泡スチロールケースも入ります。この2層の保温はすごく強力で、大きい保冷剤をいれておけば、真夏の炎天下に駐車してあっても、一日中飲み物はギンギンに冷えたままです。うちではもう「車内冷蔵庫」と呼ばれています。

Before/After のスライド動画です:

【簡単DIY】クーラーボックスの見た目を男前にアレンジ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それではまた。

リメイクDIY
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ほっとテニス
タイトルとURLをコピーしました