ガット張り機の動画を撮影してみました!

Stringing Tennis Racketガット・ストリング
Stringing Tennis Racket

最近は週1〜2回、ガット張りをしています。

以前からやってみたかった「ガット張り作業の動画撮影」を行いました。

「ガット張りをちょっと自分でやってみたいなー、けど実際にはどんな作業をするんだろう?」そんなふうに思っている方に、3つの動画を紹介します。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

ガット張りをしている背景

もともと自分のラケットだけを張っていましたが、仲間内で「打感がいい」と口コミの評判を得て、知り合い数名からガット張りを依頼されるようになりました。

なぜ「打感の差」が生じるのか、はっきりした理由は分かりませんが、ぼくは、

  • いつも同じ、一定の作業内容、一定の作業スピードで
  • ラケットとガットに、なるべく負担をかけないように丁寧に
  • その人のプレイしている姿を、なんなく思い浮かべながら

という感じの心がけで、ガット張りの作業をしています。

ガットを張る前には、ラケットを拭き掃除でクリーニングしたり、ラケットを受け渡すときには、保護用のビニール袋にいれたりします。

ラケットが好きなんですね、やっぱり。

ガット張り機について

ガット張りを商売にしている方々や、プロストリンガー方々は、高価な電動マシンを使っています。

ぼくの場合は、個人的にガット張りをしているだけなので、分銅(ぶんどう)の手作業でテンションをかけていく、シンプルな機械を使っています。

今回の動画に出てくるガット張り機は、「KLIPPERMATE」 というシンプルなガット張り機です。新品では、最安値のガット張り機です。(※ページの最後を参照)

シンプルな機械なので、どんな作業が必要なのかが、比較的、見ていて理解しやすいと思います。3番めの長い動画では、途中の作業をアップ画面で撮影したりしています。

さくっとショートムービーで

49秒の短い動画です。

【ガット張り】クリッパーメイト 2点固定式のストリングマシン KLIPPER-MATE Simple is Beautiful

もうちょっとだけ長いムービーで

「最初のじゃちょっと早すぎ」という方に、今度は3分の動画です。

Stringing by KLIPPERMATE for Wilson Burn 95 with Luxilon ALU Power Soft

作業の詳細も見たい方に

いくつかの作業を、通常スピードでアップしたりして、撮影しています。

パーネルノットの拡大写真が途中ででてきます。きっちり結べれば、その写真のような形状になりますね。

Stringing by KLIPPERMATE for Wilson ProStaff 97 LS with Luxilon ALU Power (125)

最後に

ガット張りの作業は、かなり地味で単調なので、飽きっぽい性格の人には向かないですね。

ぼくも飽きっぽいところはありますが、マメな性格ともみんなから言われるので、ガットへの探究心と合わさって、継続できている気がします。

最後まで読んでいただき、また動画も閲覧していただき、どうもありがとうございました!

もしこのページや動画の視聴数が増えるようであれば、ガット張り作業関連の記事をまたアップしようかと思います。それではまた。

スポンサーリンク

おすすめの関連記事:

タイトルとURLをコピーしました