【海外テニス観戦】BNP Paribas Open チケットが届きました!

BNP Pariabas Open Ticket Deliveryインディアンウェルズ観戦
BNP Pariabas Open - Ticket Delivery

東京2020オリンピックのテニス観戦チケット抽選にはずれ、楽天オープンも3階席しか確保できず意気消沈していましたが、来ましたよ元気が出る朗報が!

来年2020のインディアンウェルズ BNP Pariabas Open のチケットが、デリバリーされました!

今日はその報告をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

メールでAXSからのメール

このようなメールが来ました。

まぁ予約済みだったので、当たり前といえばそうなんですが、なんだか抽選に当たったみたいにうれしいです!大きなイベントですからね、ちょっとしたことで嬉しくなっちゃいます。

前回のメールで「Your order is fully processed on Wednesday, January 1, 2020」とあったので、チケットのデリバリーは来年になってからだろうと思っていましたが、早くて驚きました。

注文完了が7月29日、デリバリーが8月29日なので、ちょうど1ヶ月で実際のチケットが配布されたことになりますね。

ちなみに、デリバリーといっても、ぼくはデジタル・チケットを選択しているので、郵送物はありません。

アプリで確認

AXSアプリを起動して「チケット」のアイコンを選びます。

インディアンウェルズ・テニスガーデンの写真が出てますね。「Ticket Delivery is Pending」も消えています。

チケットを選ぶと、QRコードが出てきます。

スクリーンショットが取れないように制限されていました。なので写真です。

「How to Use Your Tickets」を選ぶと、次のメッセージが出てきます。

入り口ゲートでこのQRコードを見せると、それぞれのシートが記載されたロケーターというものをもらえるようです。

セキュリティ上、QRコードは60秒で変わってしまうので、スクリーンショットはダメという説明もありますね。

Webサイトでも確認

以前はAXSのロゴでしたが、こちらもテニスガーデンの写真に変わってます。

Webサイトには「実際のチケットは、アプリで取得してね」とありますね。

ちなみにこのチケットは、キャンセルやリファンド(払い戻し)はできません。その代わりに、誰かに譲ったり、リセルしたりできるようになっているようです。

まだずいぶん先のイベントですが、気持ちは盛り上がってきました!

とりあえず今は全米オープンを見ながら、アメリカに思いをめぐらしウハウハしてます。ではまた!

これまでの経緯

インディアンウェルズでテニス観戦をするための、チケット購入に関する記事は、こちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました